kin174 白い魔法使い / 白い犬 音5 の 過ごし方

おはようございます。

 

いつもご訪問下さり

そして

イイネも頂きまして ありがとうございます✨

 

 

最近出会う生徒さんは

赤い地球さんばかり😱✨

(私とは 類似キンだからか…)

 

昨日も 大勢のご相談者様 再来店の皆様も

全員 赤い地球に😱❓と

 

絆を大切にすること

を 伝えてるのか?

 

それか

 

地球を考えて

今回の台風 や このところの異常気象

考えなさい

と 伝えてるのか?

 

 

……………

 

そこで

今朝の越川先生の

シンクロ通信✉から

ご紹介させて頂きます。

 

『超常戦士 ケルマデック』の著者・ケルマデック(岡本岳大さん)のとてもインパクトのある金言です。

《人はみな、自分が思い込んでいる制限された世界だけを体験しているのかもしれませんな。その世界にハマっている間は、それ以上のことは、なかなか起こらないのです。
しかし私は、この世界は何でもありだと考えているのですよ。いわゆる奇跡とおもえることも、ありだと考えているのです。その方が断然、おもしろいからね。そして実際、それは起こるのですよ。》

 

………………

 

7C02E593-E958-47F2-AC14-E55A97DB0604

 

今回の🚄💨移動で

とても 面白く読ませて頂きました📖

 

 

私に シンクロニシティなことが 多いこと

文中にある

思い込みに制限掛けてないから

なのかな

感じました🙋‍♀️✨

 

 

そして

その シンクロニシティなことは

マヤ暦に 出会ってから

強く 感じます✨✨✨

 

 

皆様も

是非に ご自分の思い込みに 制限掛けないで下さいませね✨

制限掛けないと

思いもよらない世界 味わえます💞

 

 

今日の日の意味

白い魔法使い さんは

想定型、想定外のことが来るとパニクる

です。

この 白い魔法使いさんが

結構 思い込みに 制限掛けていらっしゃる方多いのかも

 

師匠からのシンクロ通信✉

今朝届くこと

この 内容にも

ある意味 シンクロニシティなこと

タイムリー✨

 

思わず

今日が マヤバースデー🎂の方に

この言葉  ✉させて頂いた~✨

 

 

 

 

8CCF02A4-2CEC-4342-A0DD-14F571E96219

 

 

 

 

そこで

 

 

 

🍀本日の過ごし方

kin174 白い魔法使い / 白い犬 音5

 

白い魔法使い

永遠性の力

魅惑する

魔法の力

罪を許す女神

重荷を背負う

 

目上の引き立てあり

多くの人からの協力を得られる

 

白い紋章 と 白い紋章で

透明感があり、信じやすい

疑う概念がない(特に白い魔法使いさん)

ただ

家庭的に寂しい思いして来たことあったり

 

想定型故に

先のこと、想定する人も多い

こんなケースもあると考えること大切

枠を超える思考で‼️

 

完璧症なので

いい加減なこと 許せない

でも

それも 自分の枠だったり

是非に 許せない思い  も 許してね

 

音5が 加わり

底力…命じられたらやる人多い

考えちゃダメ

 

考えると

考えて 考えて 考えても答えが出ないことあり

考えちゃダメ

考えると、↑ 思い込みに制限掛けることになる

是非に、感じてね❣️

 

 

 

 

*音5

底力

中心を定める

目標設定

目標を定めると、スピード加速する

 

 

 

*白い犬は

こちらから

404 File Not Found

コツコツ積み重ね

小を積んで大を為す

結婚の卦

結婚を通して人生変わる

 

 

 

 

🍀今日は

疑われるようなことは やめましょう。

(秘密を持たず オープンにする生き方が大事)

 

 

 

順序良く進む。

飛ぶ前に一人で歩けるようになろう。

 

 

 

 

5EB00A4F-DB74-40AA-9F89-43533D26097E

マヤ暦

【 講座 & 個人セッション 】

お問い合わせは

こちらから

404 File Not Found

 

 

 

今日も 楽しい一日を

お過ごしくださいませ💐

 

 

 

4FB7D7BE-C7F0-4860-B146-7D054368CAA3

04B81747-3C4C-4BF0-910B-9EED31BDAA78

 

 

7月も今日まで

 

今日は

学びの日 と させて頂きます。

 

 

 

最後までお読み下さり

ありがとうございました🙇🏻

 

 

 

ムールク でした。